2017.12.18
福島市の家
 
 敷地は福島県福島市の比較的古い市街住宅地の一角でした。既成市街地であるため南側、東側にはすでに2階建ての住宅が建ち並んでいました。
北側と西側に前面道路があり駐車計画および建物配置計画には幾つかの選択肢がありました。当初の計画では北側に縦列駐車スペースを配し、東西方向に横長の建物を考えていましたが、その後「冬でもリビングに陽射しが欲しい」という施主の一言から、駐車スペースを西側に移し建物をできるだけ北側に追い、さらに平面計画もコンセプトは踏襲しながら寝室群を1階に、リビング群を2階へと大きな見直しを行い現在の形になりました。
 平面計画では、施主からの「機能的な家事動線、収納を充実させスッキリとした個室」という要望から個室前にドレッシングルーム(ウォークスルー型クローゼット)を設けました。洗濯し取り込んだ衣類を各個室の収納に運ぶのでなく、家族全員の衣類や雑物が収納できるボリュームが確保されたドレッシングルームにて収納し、各個人も朝、夕に着替えるときはドレッシングルームにて着替えるという計画です。施主がお持ちの衣装ケースなどを全て採寸いただき棚間隔などを決め、現在もその通りに効率よく収納いただいています。
 2階では「子供が勉強している様子を見ていたい」という施主の要望から、キッチン・リビング脇に透明性の高いスタディを計画しました。リビングでのテレビ音などがスタディに漏れると気が散るという配慮からリビングとの界壁は透明なポリカ板を背板とした書棚を設けました。スタディ自体には東側にしか開口がありませんが一日中明るい部屋となっています。
 1階にドレッシングルーム、2階にスタディを設けることは「家族のふれあいが自然と増える工夫がほしい」という施主の要望にも合致しています。
また快適性という意味ではこの建物は低炭素住宅の認定を受けています。具体的な方策としては屋根・外壁とも外断熱とし当然ながら開口部には断熱サッシを採用し、設備機器も省エネに配慮された機器を採用しています。低炭素住宅の認定手続きは私自身初めての挑戦でいささか苦労しましたが、工事途中から断熱性能の高さを実際に体感することができました。設計、積算段階では膨らむコストとの狭間で何度か諦めることも頭をよぎりましたが、施主が今後暮らされていく上で光熱費の低下という実利とともに、快適な温熱環境に一定の効果をあげるものと思われます。
 
 
建築概要
敷地  建設地  福島県福島市
    面積   161㎡
    用途地域 第1種住居地域
建物  用途   住宅
    構造   木造在来工法
    規模   地上2階建て
    建築面積 63㎡
    延床面積 103㎡
    竣工   2016年11月
設計  意匠   建築設計工房BO5
    構造   若宮建築設計室
施工  建築   春光園
 

募集中の講座

現在募集中の講座はありません。
  • メルマガ登録
  • ツイッター
  • Instagram
  • sumai
  • sumai
  • 住まい
  • 連絡先
  • 震災のときあったらいいもの手帖
  • とうだい
  • ママになるとき、ママになったらマナー手帖
  • 暮らしのどうぐ
  • アグリヴィレッジが埼玉新聞に記事掲載されました。
  • すまい
PageTop